• トップ

通信制高校の生活スタイル

通信制高校は社会人も通学できる

通信制高校の特徴について

社会人になってから学校に通いたいという人がいます。何らかの事情で進学をあきらめた人や、中途退学を余儀なくされた人など事情は様々ですが、そのような場合に選択の一つにあげられるのが通信制高校です。通信制高校は、通信で教育を行う高等学校のことです。レポートの提出や週1回程度のスクーリング、試験によって単位を取得することで卒業資格を得ることができ、卒業後は全日制や定時制と同じく高卒業資格を得ることができます。毎日学校に通う必要はなく、レポートを仕上げて添削してもらうことがほとんどなので、働きながら勉強をすることが出来ます。通信制高校の中には社会人コースを設けて、夜遅い時間や土曜日などに登校できるようにするなど、仕事を持っている人もスクーリングに通いやすいようにしている場合もあります。また、毎週1回の登校は難しいという人には、年に数日間まとめてスクーリングを行うところもあるので、学校を選択する際の基準の一つにすることができるでしょう。社会人になると、学生のように勉強をする時間が取れないかもしれませんが、学びたいと思う気持ちがあれば、そのための機会は開かれています。通信制高校は強い味方になってくれることでしょう。

通信制高校を知る情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu